乳がんの薬物療法の柱の一つ「ホルモン療法」の特徴とは?

  • 手術後の乳がん治療の選択肢の一つ「ホルモン療法」

皆さんは「ホルモン療法」について聞いたことはありますか?これは乳がんの手術が終わり、放射線療法で患部を照射した後に行われる薬物療法の一つです。乳がんというものは早期の段階でも、場合によってはすでにがん細胞が血液中や骨髄中に存在するものなのですが、薬物療法とはそういったミクロレベルで全身に存在しているがん細胞を根絶やしにするための方策と言うことができます。

ホルモン療法はそんな薬物療法の中でも一般的に副作用が軽いとされていますが、全ての患者に適用される……というわけではありません。患者の体内にホルモン受容体がないとこの治療法は適用できないのです。

「ホルモン感受性乳がん」か否かが重要

乳がん手術の際に採取された乳がん組織中のホルモン受容体(エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体)を検査することにより、その乳がんが女性ホルモンに影響されやすいか、そうでないかを診断することが可能なのです。

この女性ホルモンに影響されやすい乳がんのことを「ホルモン感受性乳がん」と言い、ホルモン療法による治療効果を期待することができます。

女性ホルモンの刺激ががんの増殖に影響

ホルモン受容体を有している乳がんでは、女性ホルモン(エストロゲン)の刺激ががんの増殖に影響しています。生理があり卵巣機能が活発な女性の場合は卵巣が女性ホルモンの主な供給源となりますが、閉経を迎えた女性に関しては少し事情が異なります。

閉経後の女性は卵巣からの女性ホルモンの分泌が停止し、副腎皮質(ふくじんひしつ)から分泌される男性ホルモンが原料となって「アロマターゼ」と呼ばれる酵素の働きにより女性ホルモンがわずかに産生されます(閉経前に比べて1/100程度)。ところが、乳がん細胞や乳がん細胞周りの組織ではこのアロマターゼによって閉経前と同様に高い女性ホルモンのレベルが保たれていることがわかっています。これ故、閉経後であっても乳がんへのホルモンの影響を避けられないのです。

ホルモン療法における阻害・抑制剤

ホルモン療法においては、抗エストロゲン剤、アロマターゼ阻害剤、黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤などが状況によって使い分けられます。

抗エストロゲン(女性ホルモン)剤

「タモキシフェン」などが有名な抗エストロゲン剤は、エストロゲン受容体と結合することで女性ホルモンのがん細胞への作用を阻害します。

アロマターゼ阻害剤

アロマターゼ阻害剤は、上述したアロマターゼの働きを抑え込むことで、女性ホルモンの産生を抑えます。閉経後の女性を対象として使用されることが多いと言えます。薬品でいうとアナストロゾールやレトロゾール、エクセメスタンなどを挙げることができます。

黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤

閉経前である女性の、卵巣からの女性ホルモン分泌を抑える「黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤」としてはゴセレリンやリュープロレインなどの抗ホルモン剤が使用されます。

ホルモン療法の組み立て方

乳がんの薬物療法においては、日本だけでなく世界中の臨床試験の結果を基に投与期間や投与法を決定します。世界の乳がん専門家が意見を集約し、最新の標準治療を提案するコンセンサス会議を開き、薬物療法の方針等を公表しています。

ホルモン療法の基本は、何よりその乳がんが「ホルモン感受性乳がん」であることがキーになってきます。その上で患者が閉経前なのか閉経後なのか、あるいは閉経になりそうな時期なのか……を考慮することとなります。
例えば50歳でしばらく生理が来ていないからといって、閉経であると決めつけることはできません。無月経排卵という状態などもあり得るからです。閉経かどうかが不確かな場合は、血液の女性ホルモンや下垂体からの卵胞刺激ホルモンを測定するといった手段を以て判断します。

閉経前乳がん・閉経後乳がんへの抗ホルモン剤

閉経前乳がんにおいては、タモキシフェンという抗エストロゲン剤を5年間内服するのが標準的です。また、タモキシフェンの内服と黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤を2年間定期的に皮下注射する方法も一般的に行われています。

一方、閉経後乳がんの治療にあたってはアロマターゼ阻害剤を5年かん内服するのが標準的とされています。ただし、タモキシフェンを2、3年飲んでからアロマターゼ阻害剤の服用に変更する方法も推奨されているため、その組み立てに関しては専門医との相談で決まっていく部分が大きいということができますね。

ホルモン療法、その治療周期と費用

ホルモン療法にかかる時間とお金

ここで気になってくるのが、ホルモン療法による治療にあたって週にどれくらい時間を取らないといけないのか、また費用はどれくらいかかってくるのか……?という点です。

もちろんこれはホルモン療法の中でもどの方法を選択するかによっても変わってきます。例えば抗エストロゲン剤やアロマターゼ阻害薬を使う場合は、5~10年にわたり1日1回経口薬を内服する形となります。一方で卵巣機能を直接に刺激しホルモン分泌を抑えるような治療の場合は、4週に1回薬剤を直接皮下注射する必要が出てきます。

費用に関して言えば、例えば抗エストロゲン剤の「ノルバテックス」を1年間内服する場合は総額14万円程度がかかり、自己負担はその3割ですから4.2万円となります。アロマターゼ阻害薬ですと総額22万円、自己負担6.6万円程度の負担となるケースなどがあります。
もちろんこれに関しても何年間服用するのか、どう組み合わせていくかによって全く変わってくるものですから、医師とそういった金銭的負担に関しても話を聞くことを忘れないようにしましょう!

ホルモン療法に副作用はあるの?

女性ホルモンの分泌に対してアプローチをするホルモン療法、やはり女性ホルモンが作用するような体の機能を乱すことにもつながりますので、幾つかの部位への副作用をもたらすこともあります。

主な作用の部位としては、子宮や膣の女性生殖器・骨・脳、そして鬱状態になるなどの精神的影響なども考えられます。また全てに共通する副作用として、更年期障害に似た症状が出ることが挙げられます。具体的にはのぼせ、発汗、イライラや落ち込みなど。さらには膣の分泌が過剰になったり、逆に乾燥により性行痛が出るなどのことも起こりえます。

子宮体がんのリスクも

タモキシフェンの服用によって、数百人に一人程度の確率で子宮体がんの発生の可能性もあり、数年前まで内服していた……といった方などは年に一回程度は婦人科検診を受けることをオススメします。

気になる食事制限・行動制限

ホルモン療法の食事制限についてですが、基本的には健康的にバランスの良い食事を取っておけば問題ないとされています。再発リスクを考えて大豆食品を積極的に取る患者さんも多いですが、サプリメント等での過剰摂取は避けるべき……とのコメントを日本乳癌学会も公表しています。

いまだ研究は限られていて,日本人を対象とした研究もないのですが,大豆イソフラボンの摂取で乳がん再発リスクが低くなる可能性があります。しかし,再発リスクを下げる目的でイソフラボンをサプリメントの形で多量に摂取することは安全性が証明されていませんし,その効果も不明ですので勧められません。通常の大豆食品から摂取するように心がけましょう。

-日本乳癌学会より引用

 

ホルモン療法は、乳がん治療の観点から非常に重要な治療法の一つである一方、女性ホルモの低下などを引き起こすものですから、卵巣機能の低下や廃絶などにもつながるものです。
乳がん治療が終わったからといって、患者さんのその後の人生はまだまだ続きます。妊娠・出産を希望するという方も多いことでしょう。そういった治療が終わった後のことも踏まえた上での治療方針の決定ができるよう、医師と共に治療方針を決めていきましょう。

SNSでもご購読できます。

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。