罹患部位や目的によって分類できる肺がん検査、一体どんな病院で受診すればいいの?

肺がん検査は部位別・目的別に分けることができます

肺の部位によっても肺がんの検査のあり方は変化

肺がんの検査、と一口に言っても患者さんの状況、検査の目的によって求められる役割は全く異なってきます。また、肺がんのできる部位によっても有効な検査法は変わってきます。それぞれの肺がんに対してどう言った検査法を採用すべきなのか、患者さん側もしっかりと学んでいきましょう。

肺がん検診で行われる検査

肺がん検診は、胸部X線写真の撮影だけで済ませてしまうクリニックもあるようですが、検査の精度を上げるためには喀痰かくたん細胞診検査を加えると良いでしょう。最近では、肺がん検診に胸部ヘリカルCT(コンピューター断層撮影法)や多列検出器型(マルチスライスCT)を用いるところもあります。従来のCTと比べると精度が高く、胸部X線写真と比べて小さながんの見落としが少なくなるためより早い段階での発見が可能です。
しかし一方で、がん以外のごく小さな病巣もたくさん見つかります。これらの病変から、がんとそうでない病気を区別することがとても重要で、これは放射線診断の専門医が行う必要があります。

また、肺がんのできる部位によって有効な検査方法次のように変わってきます。

肺野型(抹消型)早期がんの発見方法

40歳以上の男女に、定期的にX線(レントゲン)写真またはCT撮影を行い、自覚症状が出る前に異常な陰影を発見することができれば肺がんの早期発見が実現します。

X線写真(間接撮影)検診が採用された場合の長所としては、

  • 短時間に多数の撮影・読影が可能
  • 費用が安い
  • 装置が十分に普及している

といった点が挙げられます。一方で短所として、心臓、肺門、横隔膜などに隠され、死角になる部分が存在する……すなわち実際にがんがあったとしても映っていない可能性があることが挙げられます。患者からすると、あまり費用をかけることなく、周囲の病院などで気軽に受けられる検診と言えます。

かわってCT検診の特徴として、まず長所は

  • 心臓、肺門、横隔膜などに隠されて死角になる部分が少ない
  • 非常に淡い陰影や小さい陰影も発見することが可能

の2点を挙げることができます。一方で短所としてあげられるのは

  • 撮影・読影に時間がかかる
  • 小さな病変が多く見つかる場合があり、この場合これらの病変と肺がんの区別が難しいことがある
  • 費用が高い
  • 放射線の被曝量が多い(胸部X線写真の10~20倍)
  • 大きな病院や検診施設に行かなければ装置がない
  • 読影に熟達した放射線診断の専門医が必要

などの点となります。患者さんからすると、肺がんの有無を詳細に検査したい、という場合に受診したい検診方法ということができます。ただし費用や放射線リスクの高さが危惧され、また高い専門性も必要とされるため気軽に受診できるものとは言えません。自覚症状などで肺がんの不安を抱えている場合に検討したい検査方法でしょう。

肺門型(中枢型)がんの発見方法

肺門型のがんの発見方法としては、喀痰かくたん細胞診検査、すなわち患者さんの痰の成分を調べることでがんの存在を調べる方法が挙げられます。この検査の特徴としては、検査容器を使って郵送で検査が可能な点、採取や検査時のストレスが少ない点が挙げられます。一方で、すべての肺がんで喀痰かくたんにがん細胞が認められるわけではないため、がん細胞の存在が見逃されてしまう危険性があるという短所もあります。

目的別の肺がん検査法

肺がん検診を受ける男性

肺がんの検査を、目的によって3種類に大別すると

  1. がんを疑う病変の有無を調べる「存在診断」
  2. がん細胞があることを確認する「確定診断」
  3. がんがどの程度進行して広がっているのかを調べる「病気診断」

となります。これらそれぞれに対して異なる設備・検査方法を用いた検診が行われることとなります。

肺がんの検診はどこで受けるのが良い?

肺がん検診を受けるのに良い病院

いざ肺がんの不安を胸に検診を受けよう……と思ってもどこで検診を受ければいいのかはなかなかわかりにくいものですよね。基本的にはある程度の設備が揃っており、呼吸器や放射線診断の専門医がいる病院であれば問題ありません。事前に肺がん検診を行っているか、検査の内容や費用についてなどを電話で確認してから行くと良いでしょう。

また、ほとんどの地方で行政が定期的に検査を行っており、多くの場合40歳以上の男女に関しては費用を通常より安く、または無料で受診することができます。より精度の高い検査を求めるのであれば、ヘリカルCTや多列検出器型CT(マルチスライスCT)という優れた装置があり、なおかつ診断の専門医がいる病院、検診施設で検査することをお勧めします。

肺がん検診にかかる費用は?

検査の内容や施設によって検診にかかる費用は変わりますが、病院の人間ドックであれば、5万円から10万円程度で受けることができます。地方自治体が行っている検査に関しては基本的に安く受けることができ、中には無料で行っているところもあるので、お住まいの地域のあたりで調べてみると良いでしょう。

 

肺がんの検査においては、実際に罹患しているか否かを見極めるのはかなり難しいと言えます。だからこそ、診断結果を疑うことなく真摯に受け止められる、そんな信頼の持てる病院の診断を受けることが求められます。もしも診断結果に不安を覚えた場合は別の病院にセカンドオピニオンを求めても良いですし、その場合は最初に検査を受けた施設で撮影したX線写真を借りて受診すると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。