肺がんと診断された時から始めるべき「緩和医療」、対処すべき痛みとは?

肺がんの緩和医療とは

doctor

がんという重い病と闘病する中で、特に患者さんにとって辛いのはその痛み。精神面にも大きな影響を与えるこの苦痛の除去にあたって必要とされるのが緩和医療です。この緩和医療は治療法の多様化に伴い必要性もさらに増しており、がん患者さんいとってもしっかりと認知しておくことが重要となるでしょう。今回はこの「緩和医療」についてご紹介していきます。

がんと診断されたらすぐは始まる緩和医療

%e7%b7%a9%e5%92%8c%e5%8c%bb%e7%99%82

緩和医療というと、もう手の施しようのなくなった患者さんの苦痛を和らげる、末期医療という意味で使われ、一般にも広くそのように認識されてきました。しかしがんの治療は現在多様化しどんどん進歩しています。新しい抗がん剤が次々と開発されています。放射線と抗がん剤を併用したり、幾つかの抗がん剤を組み合わせたりその方法も複雑で多岐にわたっています。加えて免疫療法や遺伝子治療などの新しい治療法も限られた施設などで試されています。

このような治療法の多様化に伴って、治療に伴う苦痛や痛み、しびれは以前より増加しています。そして今後もますます増えていくと考えられます。この状態では抗がん剤にがんを退治する効果はあっても、痛みや痺れのために中断せざるを得ない場合も出てきます。苦痛が改善されれば治療の効果も上がると予想されますので、患者さんんQOLの改善という意味だけでなく、治療効果の向上という意味からも痛みの除去は大変重要です。

そこで今までの「末期医療としての緩和医療」ではなく、がんと診断され治療が始まった初期の段階から、患者さんの苦痛をどう解決するかということががん治療の中では非常に大きな問題になっています。今まではあまり標準化されてこなかった、苦痛の緩和に対する治療法を確立し、それを標準化していくことが求められるようになってきました。

まずは痛みを取り除くことから

様々な苦痛の中で、患者さんいとって真っ先に取り除いて欲しいのが「痛み」です。緩和医療の中でも痛みのコントロールは患者さんのQOLの向上に非常に大きな意味を持っています。今までがんの治療では、患者さんは痛みを我慢するのが当然と考えられてきました。治療に伴う痛みは「命が助かるためには大したことではない」として我慢するよう目されてきました。

しかし、痛みの治療は以前と比べて比較にならないくらい進んでいます。患者さんは耐え難い苦痛を我慢する必要は少なくなっています。治療に伴う痛みの緩和はがんと診断されたその時点から始められるべきであり、この広い意味での緩和ケアが緩和医療の中心となるべきだと考えられています。

肺がんの痛みの種類

%e8%82%ba%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%93%e3%80%80%e7%97%9b%e3%81%bf

肺には痛みを明確に感じる神経がないとされています、がんが肺の中にとどまっている限りにおいては咳は出ることはありますが、痛みはあまり発生しません。初期の段階では自覚症状はほとんどなく、早期発見が難しいのはそのせいでもあります。

ある程度進行したがんになると、痛みが発生します。末期になると約7割の患者さんが痛みを感じるようになります。強い痛みがある場合にはがんが肺の外へ浸潤したり、骨への転移による神経の圧迫などの病状が進んでいることが多くなります。このようながんの浸潤、転移、圧迫など、がんそのものが原因となって生じる痛みと手術、放射線治療、抗がん剤の治療によって生じる痛みがあり、両方が患者さんを苦しめることになります。

がんそのものによる痛み

%e8%82%ba%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%93%e3%80%80%e8%bb%a2%e7%a7%bb

肺がんは進行すると多方面に転移します。特に骨に転移した場合、激しい痛みが現れることが多くなります。腕の骨、大腿骨、背骨、お尻の骨などに転移すると、もろくなって骨折を起こすこともあります。それが骨転移の痛みなのです。背骨に転移すると、骨折だけでなくがんが脊髄を圧迫して下肢の痺れ、麻痺を生じさせることもあります。

また、がんが肺から胸膜を超え胸壁浸潤すると、肋骨の下を通っている肋間神経を刺激し痛みが発生します。肋骨の下の皮膚表面がしびれたような感覚や、ちょっと触れただけでも強い痛みが発生します。

肺の上部にがんができるパンコースト型肺がんでは、首から手にかけて走っている腕の神経を圧迫し、手にしびれや痛みが起こることがあります。さらにしびれがある方の目が垂れ下がる眼瞼下垂や、腕から顔面にかけて汗が出なくなることがあります。

がんの治療に伴う痛み

よく出現するのが、肺がんの手術後に起こる開胸術痛です。手術は成功しがんを完全に取り去ったあとでも、痛みや傷跡の周りの過激症状が、長い人では数年の間残る場合もあります。ほとんどの場合、術後の痛みは一週間以内に消失しますが、術後、数日から数週間経ってから痛みが起こることも珍しくありません。かなり時間が経ってから生じると、原因を特定できない場合もあります。一度治まった痛みが再び起こる場合は、再発の可能性もあるので、注意が必要です。

化学療法に伴う痛みとしては、重症の口内炎や神経障害に伴う痛みやしびれがあります。

最近では、抗がん剤のパクリタキセルやシスプラチンが神経障害性疼痛の原因となるケースが増えています。手と足(手袋と靴下で覆われる部分)の神経障害が特徴的です。これらの症状は化学療法を継続不可能にするほど強い場合もあり、症状緩和のための治療法の確立が急がれています。

手術後に長時間残る痛みや化学療法時の痛みの多くは神経障害性疼痛です。放射線治療に伴う疼痛では、放射線脊髄障害などがあります。他にも、がんが進行し全身が弱ってくると、帯状疱疹後神経痛たいじょうほうしんごしんけいつう、筋肉痛なども起こります。

 

近年ではこういった痛みを数値化し、客観的な評価を行った上で緩和医療を行うケースが多くなっています。モルヒネを活用したものなど手法も多様化していますが、患者さんの日々をより良いものとするために手法の確立が急がれます。

 

SNSでもご購読できます。

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。