胃がん手術による後遺症とその対策

胃がんの手術後に待ち受ける後遺症

胃がんの後遺症

胃がんの手術後は基本的に何を食べても良いとされていますが、消化やキュ集などの働きが手術前に比べてかなり低下しています。そのため、一度に食べれる量を減らしたり、消化の良いものを少しずつ食べる必要があるなど、食生活が変化します。それに加えて。手術の後遺症として消化や吸収に関わる様々な症状が起こります。

胃のどの部分を切除したのか、あるいは全部を切除したのかなど、受けた手術の内容に現れてくる症状は異なります。たとえ後遺症があったとしても、その対処法を知っていればより快適あ暮らしができます。消化や吸収に関わる症状は、食事の量や回数、食べる早さなどに注意することで改善することができます。しっかりと胃がん手術にまつわる後遺症について学びましょう。

胃がんの手術後に起こりやすい主な後遺症・対処法

胃がんの手術が終わった後に起こる可能性のある後遺症の例について順に見ていきましょう。

ダンピング症候群

胃がんの手術後は、よく消化されていない食物がすぐに小腸に流れ込むため、ダンピング症候群と呼ばれる様々な症状が起こります。ダンピングという言葉には「堕落する」という意味があり、胃の切除手術後、食べたものが急速に小腸まで落ちてしまうことを表しています。手術前、食べたものは胃の中で撹拌され、少しずつ腸に送り出されていました。ところが手術後は、食べたものは未消化のまま一度に腸に流れ込んでしまいます。そのため、急激な血糖値の変動が起きたり、各種ホルモンの分泌が起きたりして、冷や汗や動悸、全身倦怠感などの不快な症状が起こります。

ダンピング症候群は特に胃全摘術を受けた場合に起こりやすく、幽門を残す幽門保存胃切除術では発生頻度が低いと言われていますが、個人差があります。具体的な症状や現れる頻度は手術の範囲や方法によって異なります。

食事中から食後30分以内に起こる「早期ダンピング症候群」と、食後2~3時間経ってから発生する「後期ダンピング症候群」に大別されますが、どちらのタイプなのか区別がつかない場合もあります。食事による急激な血糖値の変化やホルモン分泌の変化から起こるもので、それぞれのタイプごとに現れやすい症状と対処法は次の通りです。

早期ダンピング症候群

食べ物が未消化のまま一度に小腸に入ると、小腸壁が急に膨れます。同時に、セロトニンなどの神経伝達物質や消化管ホルモンの分泌も促され、消化を進めるために血液が小腸の毛細血管に集まってきます。これにより、全身を巡る血液が不足しがちになり急激な血圧低下や貧血、めまい、動悸、脱力感、冷や汗などの全身症状が現れます。また、毛細血管内の血液とともに、腸液や腸管内へ移動した水分により腹部の膨満感や腹痛、腹鳴などの症状が起こります。小腸で消化しきれなかった食物は吸収されずに通過し、下痢を引き落とすこともあります。

この早期ダンピング症候群に対する対策としては

  1. ゆっくりよく噛んで食べる
  2. 少しずつ食べる
  3. 1日3食にこだわらず、少量の数字を1日5~6回とる

といったものが基本となります。一口数十回以上を目安によく噛むことで、食べたものが消化作用のある唾液と混ぜ合わされます。飲み込む時も少しずつ飲み込むように意識し、一度に沢山の食物が小腸に流れ込まないように調節、食事中の水分摂取量も少なめにします。

後期ダンピング症候群

手術前が食物が少しずつ小腸に流れ込み、ゆっくりと栄養が吸収されて血糖値が上昇し、これに応じてインスリンが分泌されて血糖値はゆっくりと正常に戻っていました。
しかし胃切除後は食物が急速に小腸に流れ込むため、血糖値が急激に上昇します。これを下げようとインスリンが大量に分泌されますが、食物はさっと小腸を通り抜けてしまって当分の吸収が終わり、過剰なインスリンの作用だけが残って低血糖値を引き起こします。これにより逆に低血糖状態になり、脱力感や倦怠感、頭痛・眠気などの全身症状が起こります。

対策としてはゆっくりと食事をして急激な高血糖を抑えることで、反応性の低血糖を抑えることができます

また、食後2時間を目安に軽い間食やおやつをとって、低血糖を予防することも良い方法です。低血糖が起こったら当分を含むキャンディや氷砂糖、当分を含む飲み物などを取ることで症状が治まります。

逆流性食道炎

胃の入り口(噴門)や出口(幽門)を手術で切除することにより逆流防止機能が損なわれ、賛成の胃液や胆汁・膵液など刺激の強いアルカリ性の十二指腸液が逆流するために不快な症状が起こります。具体的には食後のむかつきや胸焼け、喉や胸の焼け付くような痛みなどが起こります。食道の粘膜に炎症やむくみ、潰瘍ができることもあります。

対策としては、食道の粘膜を保護し、遺産を中和する薬剤などを服用します。主に胃酸が逆流する場合はH2ブロッカー、プロントポンプ阻害剤、制酸薬など、アルカリ性の逆流に対しては膵タンパク分解酵素阻害剤などが用いられます。就寝時の逆流予防については、枕の高さを調節して寝ると良いでしょう。薬剤で改善せず、長期間強い症状が続く場合は、逆流を防ぐ再建法に変更する再手術は行われることもあります。

 

これらの後遺症以外にも栄誉障害・貧血や小胃症状などの後遺症もあります。体調に不安を覚えた場合はすぐに主治医に相談して改善に努めるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。