緩和ケアでがんの苦痛を和らげる!いかに生活の質を維持するか?

生活の質を維持・その人らしい療養生活の重要性

緩和ケアについて

患者さんは、再発・転移がわかった時やその治療中、薬の副作用や合併症などによる身体的苦痛だけではなく、様々な精神的苦痛を感じます。治療で仕事を休むことによる経済問題などの社会的な苦痛、病気の進行に伴う不安などの精神的な苦痛、死の恐怖や絶望から生まれる霊的な苦痛(スピリチュアルペイン)など、様々な苦痛が複雑に絡み合った「全人的苦痛(トータルペイン)」に襲われるのです。

心身の苦痛が増大すると、睡眠や食事も十分に取れなくなり、体力が低下して治療に影響することもあります。緩和ケアはこうした苦痛を軽減しQOLを維持するために非常に大事なものです。一体どういった流れでこの緩和ケアが進められるのか、紹介します。

専門家がチームとなり治療と並行して行われる

患者さんが抱える多様な辛い症状軽減するためには担当医と看護師だけでは対処できません。そのため治療中は、緩和ケア専門医や緩和ケア認定看護師、理学療法士、医療ソーシャルワーカー、精神科医、臨床心理士などの専門家がチームを組んでケアにあたります。時には宗教家やボランティアなどが参加して患者さんを支援することもあります。

かつては終末期医療と捉えられた緩和ケアですが、現在では病期にかかわらず患者さんが望む生き方を支援する医療とされています。全国のすべてのがん診療連携拠点病院(各都道府県のがん治療の中核となる病院)には緩和ケアチームがあり、それ以外の医療機関でも緩和ケアを実施しているところがあります。

患者さんと同時に家族もサポートする

ダウンロード (1)

再発や転移がわかって苦しむのは患者さんだけではありません。患者さんの身近にいて、そのふあにゃ苦痛がよくわかるだけに家族にも様々な負担やストレスが生じます。自分自身でも苦悩や不安をかけながら、患者さんの闘病をどう支えていったらいいのか、思い悩む時は家族に対するケアも必要になります。

患者さん本人だけでなく、家族も含めてサポートするのが緩和ケアの基本的な考え方です。医療面や経済的なことなどで悩みや困ったことがある時は、緩和ケアチームの医師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなどに相談していみましょう。彼らに頼ることで解決できる問題も意外に多いものです。

痛みを三段階に分け、段階に応じた鎮痛薬を選ぶ

緩和ケアの中心となる痛みのコントロールは、麻酔や麻薬に詳しい麻酔科医などの緩和ケア専門医によって行われます。現在、世界的に行なわれている疼痛治療法は、WHO(世界保健機関)が提唱する「三段階除痛ラダー」です。この方法では、がんの進行度には関係なく痛みの強さを三段階に分け、段階に応じた鎮痛薬を使用します。

痛みが最も高度な場合は、モルヒネなどの強オピオイドという医療用麻薬が用いられます。医師の指導に従って適切に使用すれば、中毒の心配もな速やかに痛みが和らぎます。必要に応じて放射線療法や神経ブロック療法などによる疼痛治療が行われることもあります。

がん治療の効果が期待できなくなった時

がんが進行して治療を続けても効果が期待できなくなった時、治療の中止を決めるのは辛く難しい選択です。決断にあたっては病状を正しく理解し、患者さんの望む生き方、やりたいことなどをできるだけ尊重し、患者さんも家族も納得して決めることが大切です。残された人生を自分らしく生きる選択をした場合は、主治医と相談してがんそのものの治療はひとまず終了し、がんによる症状の軽減に重点を置いた緩和ケアに移行します。

これに伴い、緩和ケア病棟やホスピスへの転院・転床が必要になりますが、退院して在宅ホスピスケアを受けるという選択肢もあります。

施設ホスピスケアと在宅ホスピスケア

緩和ケア病棟やホスピスには病室の他に談話室、家族と過ごすための設備なども用意されています。入院といっても生活は比較的自由なので、生活の質をより高く保ちながら自分らしい過ごし方ができます。

また、医療スタッフが近くにいるという安心感もあるでしょう。ただし、ホスピスケアの場合、痛みに対する緩和医療や体調維持に必要な処置は行われますが、延命治療はほとんど行われません。一方、在宅でのホスピスケアは地域の訪問診療医(かかりつけ医)や訪問看護師による医療ケアを受けながら療養する方法です。住み慣れた自宅で、リラックスして家族と過ごせる良さがあり、入院中と同じ痛みなどの緩和ケアを自宅でも受けることができます。

ホスピスケアを希望する場合は、まず主治医に緩和ケア施設への転院または在宅療養が可能か相談します。可能な場合は、受け入れ施設または在宅けあの専門医を探しますが、最近では地域医療連携が進んでいるので、ホスピスケアへの移行もスムーズです。緩和ケア病棟やホスポス、地域の在宅ケア専門医について知りたいときは、がん診療連携拠点病院の「相談支援センター」や「医療連携室」などの部門に相談するとよいでしょう。

SNSでもご購読できます。

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。