胃がんの再発・転移に備えるための検査とは?

胃がん手術後の定期検査の意義

手術でがんを切除した後も、目に見えないがん細胞が体内のどこかに残っていて再発する可能性があります。再発の確率は、ステージ(病期)が進むほど高くなります。定期的な検査を行うことで再発が比較的早く発見されることがあります。しかし、胃がんの再発は画像診断でわかる範囲をはるかに超えて広がっていることが多く、再発を早期に発見したとしてもその後の治療で治癒することは多くありません。

これは胃がんに限ったことではなく、多くの固形がんで、術後の定期検査により予後が改善することは期待できないと考えられています。

定期的な検査通院は手術後5年間が原則

胃がんの再発はほとんどの場合、5年以内に起こり、多くは3年以内に発見されるので定期検査も5年間が原則です。定期検査のスケジュールはがんのステージや手術の大きさに寄って異なります。早期胃がんでリンパ節転移もなかったという場合は再発の確率は極めて低いので、一年に一度の診察で胃切除後の体調などを話し合う程度で十分でしょう。一方、ステージⅡまたはⅢの場合は、半年ごとのCTや腹部超音波(エコー)検査、腫瘍マーカーチェックなどが行われます。また多くの場合、一年間の補助化学療法が行われるので、これに合わせた通院が必要になります。

手術後の経過観察にはどんな検査が必要か

検査通院では、まず食事の様子やお腹の状態などについて問診や診察が行われます。主な検査としては血液検査(腫瘍マーカー測定)、腹部超音波、胃内視鏡、腹部CTなどがあります。外来で術後化学療法を受けている場合は副作用の確認も行われます。定期検診の主な内容・方法について順に見ていきましょう。

問診・診察

一般の外来受診と同様に、担当医師が直接患者さんを診察し、最近のからだの調子や食事の量と回数、後遺症で困っていることがないかなどを問診します。また、問診と合わせてお腹を軽く押すなどして触診し、腹部に異常な膨らみやしこりがないか確認することもあります。頸部のリンパ節なども同じように触診し、しこりの有無を調べます。前回受診してからこれまでに起こった体調や体重の変化を報告し、気になる症状があればこの時に遠慮なく相談しましょう。

腫瘍マーカー測定

からだの中にがんができると、ある特定のタンパク質や酵素、ホルモンなどが血液中に増加することがあります。これらはがん細胞によってつくられる物質で、顔を見つける目印になります。この目印を腫瘍マーカーと言います。検査では血液を採取して腫瘍マーカーの血中濃度を測定します。基準値より高い場合は陽性とされ、がんが再発・転移している可能性が推測できます。ただし、腫瘍マーカーの数値が高いからといって体内にがん細胞が存在するとは限りません。もともと特定の腫瘍マーカーの値が高い人もいれば、がん以外の病気に反応して、特定の腫瘍マーカーの数値が上昇することがあるからです。

反対に、実際にがんが存在していても数値が上がらないこともあります。がんが大きくなるか転移が広がって、血液中に相当量が流れ込まないと検査値が上昇しないのです。したがって、腫瘍マーカーの数値だけでは再発を確定することはできません。しかし、手術や抗がん剤治療の効果を知る指標として利用することができ、その数値が上昇すれば再発を疑う一つの判断材料になります。

陽性の場合は画像検査で確認

胃がんに特有の腫瘍マーカーはありませんが、手術後はCEAやCA19-9など、複数の物質の血中濃度を調べるのが一般的です。これらの腫瘍マーカーは、がん細胞が体内のどこかに存在すると増加する物質です。

多くの胃がんでは、術前の腫瘍マーカーは正常範囲内で、術後に再発した時に初めて上昇します。術前から腫瘍マーカーが高い場合は、手術で正常値になるのを確認します。もし手術後も高値が続く場合はがんがどこかに残っている可能性があります。手術後に正常値になり、経過観察中に上昇してきた場合は、再発を疑う事になります。

このように腫瘍マーカーは再発・転移の診断に役立ちますが、腫瘍マーカーが陽性でも病変部の特定まではできません。その場合、画像検査安堵でより詳しく調べることで、再発の場所や大きさが確認できます。

胃内視鏡検査

胃の手術後、残った胃にがんがないかどうかを確認します。食道も同時に観察します。残胃にがんが生じるのは2つのケースがあります。一つは、初めの手術で切り離した端緒にがんが残っていて、これが育ってきた再発のケースです。もう一つは、残胃にまったく新しくがんが発生した場合です。

前者の場合は、再手術で完全に取りきることが難しく、化学療法の対象となることが多いです。後者の場合は新しい病気として治療します。早期がんであれば内視鏡的切除術も考慮されますし、進行がんなら残胃全摘手術が考慮されるでしょう。

検査では口から内視鏡を挿入して、胃の中や胃と腸の吻合部などをモニターに映し出して観察します。この時生検(胃粘膜の一部を採取して顕微鏡で観察する)も合わせて行い、がん細胞が存在していないかどうかを調べます。

 

胃がんの手術後も、再発・転移の脅威はついてまわるもの。リスクを最小限に抑えるためにも、定期的に診察を受けることは忘れずに。

SNSでもご購読できます。

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。