乳がん

婦人科がんの名医によるサービス提供開始

当サービスにて、婦人科がんの名医である樋田一英先生のセカンドオピニオン等が提供できるようになりました。
樋田先生のプロフィールは下記の通りとなります。

聖路加国際病院 女性総合診療部
樋田 一英 医長

  • 主な経歴
    聖路加国際病院 初期研修医
    宮崎医科大学 産婦人科
    国立がんセンター 婦人科
    東京女子医大 産婦人科 医局長
    ChiangMai大学 Visiting Doctor
    静岡県立静岡がんセンター 婦人科 医長
  • 認定資格
    日本産科婦人科学会 専門医・指導医
    日本癌治療認定医機構 暫定教育医
    日本婦人科腫瘍学会評議員 婦人科腫瘍専門医・指導医
    がん治療認定医
    厚生労働省健康局長 医師緩和ケア研修会修了
    厚生労働省医政局長 指導医講習会修了
    davinci certified surgeon(ダヴィンチ認定資格取得術者)

乳がんの再発・転移が見つかったら。部位や性質によって変わる治療の組み立て

乳がんの転移・再発との向き合い方

乳がんの再発・転移の治療

乳がんの治療において、転移・再発は決して目をそらすことのできない問題です。転移・再発した部位とがんの性質によってその深刻度は大きく異なってくるものであり、時には最悪の事態を想定する必要も出てくるもの。もし見つかった場合には長きにわたる闘病を覚悟する必要もあります。その実態と治療の在り方とは一体どういったものなのでしょうか?

続きを読む

どんな食事が効果的?食生活から考える乳がん予防のあり方

食生活と乳がん予防の関わり

illust3456

乳がんを防ぎたい……という女性の中には、毎日の食生活はその予防策の一環であると捉えている方も多いのではないでしょうか?しかし、食事の改善によってがんの進行を遅らせること、あるいは再発・転移を防ぐことは基本的に難しいと言わざるをえません。
というのも乳がんをはじめとしたがんは遺伝子の病気ですから、体内に宿ってしまったがん細胞を食事の改善によって影響を与えるというのはできないのです。

しかしまだがんを発症していない健康状態にある人が食事を改善し、がん細胞発生のタイミングを減少させる……にあたっては、食事と乳がんとの関わりを認められます。直接的ではなくとも、普段の生活から乳がんの予防を意識した食事をとることは決して無駄ではありません。

続きを読む

補完代替医療(民間療法)の有効性は?乳がんの治療にあたって本当に大事なこと

乳がんに向き合うにあたっての選択肢の一つ「補完代替医療」

補完代替医療、一人で勝手に使うのは危ない

乳がんの予防にあたっては、食生活の改善等による体調管理を行う……という方も少なくありません。その背景には、本来自分の力ではどうにもならない「乳がん」という病を自身の自律的な行動で防ぎたい、という思いがあります。

同様のことがいえるのが「補完代替医療(民間療法)」です。漢方薬やある種の植物、人工合成物の服用や運動・温泉療法など数多くの種類がその中には含まれます。その手軽さもあってかこの補完代替医療を活用している方も多いですが、一体そこにどれほどの有効性が認められるのでしょうか?

続きを読む

ドラマでもよく耳にする「抗がん剤」。乳がん治療ではどのように使うの?

手術の前後に使用される抗がん剤、その目的と使い方とは?

抗がん剤投与を受ける女性

医療ドラマなどでもよく耳にすることのある「抗がん剤」、実際にどういった場面で使用されるのか具体的には知らないという方も多いのではないでしょうか?
乳がんにおける抗がん剤は、主に悪性度の高い乳がんに適用される化学療法。具体的には、組織異型度や核異型度の高い乳がんやリンパ節に転移のある乳がん、ホルモン剤の効かない乳がんなどに適用されます。がん細胞が分裂する際の様々な段階に働きかけて死滅させるのがその役割です。

一体どのタイミングでこの抗がん剤は使用するのか、またその副作用とはどういったものなのでしょうか?

続きを読む

進化する乳がん手術~今話題の乳房温存療法とは?~

全摘出しなくても良い?乳房温存療法とは一体

ea0a87c7fc4de3ffbcf075d7578e1e78

乳がんの手術にあたって、20・30年ほど前までは「全摘出しないといけない」という考えが一般的でした。しかし技術の発達、さらには生存率の高さと切除の範囲の相関性に関する研究が進んだ結果、1980年代頃に「乳房温存術」が実施されるようになってきたのです。

切除範囲が大きい手術、小さい手術で治療成績が変わらないならば、範囲が小さい手術の方が整容的にも良く、患者さんの術後の生活においてもより望ましいことは当然ですよね。ですので現在では最小限の患部を手術で切り取り、放射線療法(週5回を5週間程)で乳房内に残存している可能性のあるがん細胞を死滅させる……という治療が主流となっています。

続きを読む

乳がんを理解する上で欠かせない、リンパと転移の関わりについて

乳がんの広がり、それすなわちステージの進行。「リンパ」はその鍵になってきます

「乳がん」と一口に言ってもその進行具合によって治療のあり方や方針は全く変わってきます。以前の記事でも、しこりの大きさや転移の具合によって乳がんを5つのステージに分けることができる…というお話をしました。

しかしそもそものその「転移」とは具体的にどうやって行われているのでしょうか?そこで重要になってくるのが今回のテーマである「リンパ」なのです。

続きを読む

乳がんの薬物療法の柱の一つ「ホルモン療法」の特徴とは?

  • 手術後の乳がん治療の選択肢の一つ「ホルモン療法」

皆さんは「ホルモン療法」について聞いたことはありますか?これは乳がんの手術が終わり、放射線療法で患部を照射した後に行われる薬物療法の一つです。乳がんというものは早期の段階でも、場合によってはすでにがん細胞が血液中や骨髄中に存在するものなのですが、薬物療法とはそういったミクロレベルで全身に存在しているがん細胞を根絶やしにするための方策と言うことができます。

ホルモン療法はそんな薬物療法の中でも一般的に副作用が軽いとされていますが、全ての患者に適用される……というわけではありません。患者の体内にホルモン受容体がないとこの治療法は適用できないのです。

続きを読む

乳がん手術に踏み切るために。知っておきたい乳房再建の方法

女性にとってはとても気になる「乳房再建」の話

乳房再建は主治医とよく相談しましょう

「乳がん」の診断を受け、その進行具合によっては手術による治療が必要とされることがあります。そんな時に女性にとって気になるのは「乳房がなくなってしまう」という不安。そんな患者さんには「乳房再建」という道は精神的・肉体的な不便や不自由を解消する大きな手助けとなると言えます。乳房再建について詳しく知っておくことで、乳がんの治療にあたっての心構えは大きく変わってきます。知識としてしっかりと身につけておきましょう!

続きを読む

手術?薬物療法?5つのステージ(病気)ごとに変わる乳がん治療の方針

乳がんの進行段階は5つのステージ(病期)に分類されます

乳がん治療は専門医と慎重に進めることが大事

一様に「乳がん」と言っても、進行段階によってその深刻さは全く異なってくるものです。皆さんもがんには「ステージ(病期)」があるという話を耳にしたことがあるかと思うのですが、乳がんにももちろんそれは当てはまります。

続きを読む

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。