2017年 4月 の投稿一覧

胃がん手術による後遺症とその対策

胃がんの手術後に待ち受ける後遺症

胃がんの後遺症

胃がんの手術後は基本的に何を食べても良いとされていますが、消化やキュ集などの働きが手術前に比べてかなり低下しています。そのため、一度に食べれる量を減らしたり、消化の良いものを少しずつ食べる必要があるなど、食生活が変化します。それに加えて。手術の後遺症として消化や吸収に関わる様々な症状が起こります。

胃のどの部分を切除したのか、あるいは全部を切除したのかなど、受けた手術の内容に現れてくる症状は異なります。たとえ後遺症があったとしても、その対処法を知っていればより快適あ暮らしができます。消化や吸収に関わる症状は、食事の量や回数、食べる早さなどに注意することで改善することができます。しっかりと胃がん手術にまつわる後遺症について学びましょう。

続きを読む

胃がんの手術の種類とは?そのタイプと採用の条件を学ぼう!

胃がんでどのタイプの手術・治療を受けるかしっかりと意識すること

日本人にとって大きな脅威の一つである胃がん、その治療にあたっては多くの手法があります。中でも代表的なのは「腹腔鏡手術」や「開腹手術」、「内視鏡治療」など。医師との間で決定されるこれらの治療法がそれぞれどんな特徴を持っているかについてしっかりと知っておきましょう。

続きを読む

胃がんの現状、知ってる?その発生原因と日本での特徴

世界的には非常に死亡率も高い「胃がん」というがん

胃がんという病について、皆さんははっきりとご存知でしょうか?もちろんがんの一つであることはわかるとは思いますが、一体どんなん原因で罹患するがんで、実際にどれくらいの方が苦しんでいるかについてまでは知らないあ方も多いかと思います。胃がんは国ごとにもその生存率が異なり、また種類も様々あります。罹患する可能性もある病「胃がん」についてしっかりと知っておきましょう。

続きを読む

胃がんの発生原因はピロリ菌!?その研究の歴史とは

胃がんの発生原因とは…?

胃がん 原因

胃がんの発生原因については古くから研究が続けられていました。その中で現在WHO(世界保健機関)のIARC(国際がん研究機関)は胃がんの原因の80%はピロリ菌であり、非噴門部胃がんに限ると90%であるとの報告をしています。とはいえ、この結論に至るまでは長い紆余曲折があったのです。その研究の歴史についてご紹介していきましょう。

続きを読む

再発に備えて、フォローアップの検査をしっかりと受診しよう!

肺がん手術後のフォローアップについて

肺がんの手術が終わった後の療養・治療期間、すなわちフォローアップの期間は定期的に来院・医師の診察を受けることが必要となります。少し気の長い話とはなりますが、しっかりと肺がんを治すためには不可欠な期間です。フォローアップの詳細について、しっかりと知識として蓄えておきましょう。

続きを読む

肺がんによる痛みを取り除く、その具体的な方法とは?

がんの痛みについて、進む解明

肺がん 痛み

がんの痛みについて、具体的には痛みの伝達や特性の働きについてなどはこれまでよく分からない部分がたくさんありましたが、最近少しづつ解明されてきました。以前の記事では何が原因で痛みが発生するか、について注目してご紹介しましたが、今回は正常な伝達過程で起こる痛みと、非生理的な神経障害性疼痛という二つの分類のがんの痛みについて着目、ご紹介します。

続きを読む

肺がんの「再発」とは一体どういうものなのか?その特徴と種類の違いを理解しよう

 手術の完了後に考えるべき肺がんの「再発」

肺がんの手術後の再発について

肺がんへの罹患が判明し、適切な手術を行った後には完全治癒を目指して治療が継続されます。とはいえ、そこには常に「再発」の危険性もひそみます。手術が無事に終わったからといって安心することなく、療養を重ねて再発を可能な限り避けるためのアフターフォローについて今回はご紹介します。

続きを読む

症状の緩和を目的とした「姑息手術」と、肺がん手術の後に待ち受ける合併症について

症状緩和が目的の姑息手術

症状緩和を目的とした手術

肺は、呼吸という生命維持に不可欠な機能を担っています。そのため、肺がんによる起動のトラブルは重篤な場合、生死に直結する問題になってしまいます。そこで必要になってくるのが、姑息手術によって症状を和らげること。

今回はそんな姑息手術、そして肺癌手術後に考えられる合併症のリスクについてご紹介していきます。

続きを読む

さらなる肺がん治療の進化のために。臨床試験の流れと主体とは

臨床試験の必要性

治験・臨床試験について

現在のがんの治療は完成されたものではなく、新しい抗がん剤や治療法が世界中で次々に研究、開発されています。その薬がヒトにとって有効かどうかを確認するためには、実際にヒトに投与してみないとわかりません。そこで活用されるのが「臨床試験」、外国で効果が確認されている薬剤を日本で認可するときにも、臨床試験が必要です。

臨床試験が具体的にどのような流れで行われるのか、ご紹介していきます。

続きを読む

肺がんの外科治療、その中でも標準とされる「根治手術」の目的とリスク

「外科治療」が適応と診断される時、その目的は2種類

images

肺がんを罹患した患者さんが外科治療(手術)が適応と診断される場合、その目的は2通りに分かれます。1つは、手術によって肺がんの根治が可能であると判断された場合。2つ目は、肺がんによって発生した症状が差し迫って命を脅かしていたり、耐え難い苦痛をもたらしているなど、病巣を完全に切除できるにもかかわらず、症状を緩和する目的で行われる場合です。前者は「根治手術」、後者は「姑息手術」と呼ばれるのですが、主に肺がん治療で採用されるのは前者。この「根治手術」について詳しく見ていきましょう。

続きを読む

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。