2017年 5月 の投稿一覧

胃がん手術後の過ごし方は?回復を早めるための入院生活

胃がん手術後の過ごし方

medical_igan

胃がんの手術が終わった後には、傷の痛みなどで過ごしにくい日々が続きます。また、普段とは違う生活を送るところから徐々に日常生活に復帰し、その中でもより早く回復をするためには一体どうすれば良いのでしょうか?そう言った点についてしっかりと学び、ある意味不足の事態といえる「胃がん手術」、そしてその後の回復での過ごし方についてインプットしておきましょう。

続きを読む

胃がん手術で起こりやすい合併症とその対策

手術後は合併症に注意が必要

胃がんの合併症

合併症とは、手術後の比較的早い時期に発症する症状のことです。医療技術の進歩により手術後の合併症の危険性は低下しましたが、ゼロではありません。患者さんによっては出血が続いたり、術後肺合併症や感染症にかかったりすることもあります。また、もともと持病がある場合は病状が悪化しないように慎重な管理が必要になります。合併症を起こすと入院期間が長引いたり、一つに合併症から他の合併症を引き起こしたり、時には命に関わる危険な症状となるケースもまれにあるので、十分な注意が必要になります。今回は主な合併症、そしてその対象法についてご紹介していきます。 

続きを読む

術後補助化学療法って?その目的と治療での役割に迫る!

胃がん手術後の再発を抗がん剤で防ぐ

術後補助化学療法について

胃がんの根治療法は、手術による切除が基本です。しかし手術でがんを全て切除しても肉眼では見えない微小ながん細胞が体内のどこか残っていて、それが増殖すれば再発を引き起こします。特に胃壁の浸潤が高度であったり、周辺リンパ節への転移がみられる場合は、再発の可能性が高まります。そのようなリスクに備えて行われるのが、胃がんの手術後に抗がん剤でがん細胞を退治する術後補助化学療法です。対象となるのは病期がⅡ~Ⅲ期の進行がんです。再発のリスクが低いⅠ期の早期がんの場合は基本的に対象とはなりません。この「術後補助化学療法」について詳しく見ていきましょう。

続きを読む

胃がんの化学療法で起こる副作用と対処法とは一体?

正常な細胞も攻撃する性質を持つ抗がん剤

抗がん剤の副作用

多くの抗がん剤は、がん細胞のDNAを傷つけることでがん細胞の増殖を抑えます。胃がんで用いるTS-1もその一つです。がん細胞には、正常な細胞よりも細胞分裂が活発だという特徴があります。抗がん剤は、細胞分裂の過程でDNAを破壊するので、がん細胞は正常な細胞よ抗がん剤の作用を強く受けることになります。

ただ問題なのは、正常な細胞の中にも細胞分裂が盛んなものがあるということです。胃腸などの粘膜や造血組織、毛根などの細胞は他の細胞よりも細胞分裂が活発なため、どうしても抗がん剤の作用を受けてしまいます。抗がん剤の副作用の多くは、そのために起こるものです。こういった抗がん剤による副作用についてしっかりと学んでおくことが胃がんの治療を受ける際には不可欠となります。

続きを読む

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。