2017年 6月 の投稿一覧

胃がん手術後に考えたい「栄養素」のバランス

1日30品目を目標に栄養の偏りを防ぐ

ダウンロード

胃がんの手術後は、着実に体力を回復させていかなければなりません。そのために重要なのが、食事による栄養の摂取です。栄養面での原則じゃ、糖質・脂質・タンパク質の三大栄養素にくわえて、ビタミン・ミネラルなどの栄養素をバランスよう取ることです。それぞれの栄養素の働きについて順にチェックしていきましょう。

続きを読む

緩和ケアでがんの苦痛を和らげる!いかに生活の質を維持するか?

生活の質を維持・その人らしい療養生活の重要性

緩和ケアについて

患者さんは、再発・転移がわかった時やその治療中、薬の副作用や合併症などによる身体的苦痛だけではなく、様々な精神的苦痛を感じます。治療で仕事を休むことによる経済問題などの社会的な苦痛、病気の進行に伴う不安などの精神的な苦痛、死の恐怖や絶望から生まれる霊的な苦痛(スピリチュアルペイン)など、様々な苦痛が複雑に絡み合った「全人的苦痛(トータルペイン)」に襲われるのです。

心身の苦痛が増大すると、睡眠や食事も十分に取れなくなり、体力が低下して治療に影響することもあります。緩和ケアはこうした苦痛を軽減しQOLを維持するために非常に大事なものです。一体どういった流れでこの緩和ケアが進められるのか、紹介します。

続きを読む

胃がんの手術後に気をつけたい「食品・調理法」

少量でも栄養豊富・バランスの良い食事が大事

胃がんの手術のために胃を切除した人は、食事は少量でも栄養のあるものをバランス良く食べることが大切です。栄養面での原則は、健康な人と同じで三大栄養素と言われる糖質・脂質・タンパク質を中心に摂取します。体を作る重要なタンパク源である肉や魚類は消化が良いので積極的に摂っていくも必要です。

三大栄養素に加えてビタミン・ミネラルの摂取も欠かせません。これらの栄養素は身体の機能を調整する上で非常に重要な役割を果たしています。毎日の食事で5つの栄養素を過不足なく摂取できているか、よくよく考えた食事を取っていくことが求められます。

続きを読む

胃がん手術後の食事のあり方

食事の工夫で胃の機能低下を補う

syokuji

胃の手術を受けた後は、大幅に消化・吸収機能が低下します。胃の調子が手術前の状態に戻るまでにはある程度の時間がかかりますが、体力を回復させるためにもしっかりと食べることを目標にする必要があります。手術後しばらくは後遺症として下痢や腹部の重苦しさ、胸焼けなど不快な症状が起こることがあります。しかし、食事に気を配ることによって症状のコントロールにつながることも少なくありません。機能の低下した胃をいたわりながら健康な生活を維持していくには、手術前の食事を見直し手術後に適した食事習慣に改善していくことが必要です。具体的にどんな食事をしていくことが大事か、見ていきましょう。

続きを読む

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。