肺がんの「再発」とは一体どういうものなのか?その特徴と種類の違いを理解しよう

 手術の完了後に考えるべき肺がんの「再発」

肺がんの手術後の再発について

肺がんへの罹患が判明し、適切な手術を行った後には完全治癒を目指して治療が継続されます。とはいえ、そこには常に「再発」の危険性もひそみます。手術が無事に終わったからといって安心することなく、療養を重ねて再発を可能な限り避けるためのアフターフォローについて今回はご紹介します。

続きを読む

症状の緩和を目的とした「姑息手術」と、肺がん手術の後に待ち受ける合併症について

症状緩和が目的の姑息手術

症状緩和を目的とした手術

肺は、呼吸という生命維持に不可欠な機能を担っています。そのため、肺がんによる起動のトラブルは重篤な場合、生死に直結する問題になってしまいます。そこで必要になってくるのが、姑息手術によって症状を和らげること。

今回はそんな姑息手術、そして肺癌手術後に考えられる合併症のリスクについてご紹介していきます。

続きを読む

さらなる肺がん治療の進化のために。臨床試験の流れと主体とは

臨床試験の必要性

治験・臨床試験について

現在のがんの治療は完成されたものではなく、新しい抗がん剤や治療法が世界中で次々に研究、開発されています。その薬がヒトにとって有効かどうかを確認するためには、実際にヒトに投与してみないとわかりません。そこで活用されるのが「臨床試験」、外国で効果が確認されている薬剤を日本で認可するときにも、臨床試験が必要です。

臨床試験が具体的にどのような流れで行われるのか、ご紹介していきます。

続きを読む

肺がんの外科治療、その中でも標準とされる「根治手術」の目的とリスク

「外科治療」が適応と診断される時、その目的は2種類

images

肺がんを罹患した患者さんが外科治療(手術)が適応と診断される場合、その目的は2通りに分かれます。1つは、手術によって肺がんの根治が可能であると判断された場合。2つ目は、肺がんによって発生した症状が差し迫って命を脅かしていたり、耐え難い苦痛をもたらしているなど、病巣を完全に切除できるにもかかわらず、症状を緩和する目的で行われる場合です。前者は「根治手術」、後者は「姑息手術」と呼ばれるのですが、主に肺がん治療で採用されるのは前者。この「根治手術」について詳しく見ていきましょう。

続きを読む

肺がんの手術で「縮小切除」は無意味?見直されつつあるその役割

肺がんの手術においては「根治手術」が標準的

縮小手術について

肺がんに対する標準的な根治手術は「肺葉切除以上の肺切除」とされており、特殊な場合(直径5mmの早期がんのような)を覗くと、肺がんのできている肺葉を全て取り去ることが基本となります。これは現在世界的に認知されている「ゴールドスタンダード」と考えてよいでしょう。

しかし、近年は「縮小切除」を見直そうという機運も強く、一部の施設ではすでに縮小切除を標準的な切除法として患者さんに勧めているところも。今回はそんな縮小切除についてご紹介していきます。

続きを読む

肺がんの標準根治手術、そのプロセスは?手術の間に何が起こっているのか知っておこう

肺がんに対する手術の基本は「根治手術」

肺がんの根治手術

肺がんの種類・広がり具合によって決定される治療方針、その中で外科治療が採用される場合中心となるのは「根治手術」となります。基本的に2~3時間で終わり負担も少ないこの手術ですが、実際にどう言った手順・流れでこの手術が行われているのかしっかりと知っておきましょう。

続きを読む

小細胞肺がんと非小細胞肺がん、それぞれに応じた治療方針の違いとは

肺がんの組織型による治療方針の違い

img_cancer_lung_life_expectancy_01

肺がんが見つかった際に医師との相談のもと組み立てることが求められる治療方針。その治療方針の決定にあたっては「組織型の違い」「病期の段階」「患者さんの身体状態」の3点が鍵となることは以前の記事でもお話ししました。今回はその中でも「組織型の違い」、すなわち肺がんが小細胞肺がんか非小細胞肺がんかによって治療方針がどう変わってくるかを説明します。

続きを読む

がん細胞が「ある」ことを確認する確定診断とは一体?

がん細胞があるかもしれない…という推定を確定的なものへ

存在診断を経て、次に行われるのが「がん細胞があるかもしれない」という推定を「本当にある」と認めるための確定診断。この時には存在診断で主に行われた画像診断などより精密な検査方法を用いることになります。この確定診断に関してはかなりの正確性が求められるものであり、受診するクリニックに関しても熟考することが求められます。

続きを読む

肺がんをどう治す?治療方針を左右する3つの要素

肺がんの治療にあたって重要となる「治療方針」

治療方針を決定するのは医師

胸部X線写真や胸部CTスキャン、気管支鏡検査や経皮的肺穿刺法けいひてきはいせんしほうによる細胞診など、様々な検査を経て肺がんの診断が確定すると、次はどのような治療を行うか決める段階に入ります。その治療には大きくわけて外科治療(手術)、放射線治療、抗がん剤治療(化学療法)の3つがあるわけですが、それ以前にまず重要となるのが「治療方針」。ここではその治療方針の組み立てに関わる3要素について見ていきます。

続きを読む

婦人科がんの名医によるサービス提供開始

当サービスにて、婦人科がんの名医である樋田一英先生のセカンドオピニオン等が提供できるようになりました。
樋田先生のプロフィールは下記の通りとなります。

聖路加国際病院 女性総合診療部
樋田 一英 医長

  • 主な経歴
    聖路加国際病院 初期研修医
    宮崎医科大学 産婦人科
    国立がんセンター 婦人科
    東京女子医大 産婦人科 医局長
    ChiangMai大学 Visiting Doctor
    静岡県立静岡がんセンター 婦人科 医長
  • 認定資格
    日本産科婦人科学会 専門医・指導医
    日本癌治療認定医機構 暫定教育医
    日本婦人科腫瘍学会評議員 婦人科腫瘍専門医・指導医
    がん治療認定医
    厚生労働省健康局長 医師緩和ケア研修会修了
    厚生労働省医政局長 指導医講習会修了
    davinci certified surgeon(ダヴィンチ認定資格取得術者)

名医の紹介無料、満足度95%、ご利用者数3万人突破

あなたのがんは治る?最適な治療法は?チャットドクターが、あなたに最適ながんの専門分野別トップドクターをご紹介します。下記のフォームで無料相談を行ってください。

相談完全無料
性別は?
所見や検査結果などのデータの有無
名医に聞きたいことは?

(複数選択可)

性別を選択してください。
年齢を選択してください。
都道府県を選択してください。
所見や検査結果などのデータの有無を選択してください。
気になるがんの種類を選択してください。
名医に聞きたいことを選択してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。