• 手術後の乳がん治療の選択肢の一つ「ホルモン療法」

皆さんは「ホルモン療法」について聞いたことはありますか?これは乳がんの手術が終わり、放射線療法で患部を照射した後に行われる薬物療法の一つです。乳がんというものは早期の段階でも、場合によってはすでにがん細胞が血液中や骨髄中に存在するものなのですが、薬物療法とはそういったミクロレベルで全身に存在しているがん細胞を根絶やしにするための方策と言うことができます。

ホルモン療法はそんな薬物療法の中でも一般的に副作用が軽いとされていますが、全ての患者に適用される……というわけではありません。患者の体内にホルモン受容体がないとこの治療法は適用できないのです。

続きを読む