早期の大腸がんは内視鏡による切除術でとる

大腸がん 内視鏡

現在、早期の大腸がん治療が内視鏡を使ってがんを切除する「内視鏡治療」が第一選択になっています。対象となるのは「mがん(粘膜内にとどまるがん)」及び「smがん(粘膜下層にとどまるがん)」で、浸潤レベルが浅く、大きさは2cmまでの病変です。内視鏡による切除術について、一つ一つチェックしていきましょう。

続きを読む