手術の前後に使用される抗がん剤、その目的と使い方とは?

抗がん剤投与を受ける女性

医療ドラマなどでもよく耳にすることのある「抗がん剤」、実際にどういった場面で使用されるのか具体的には知らないという方も多いのではないでしょうか?
乳がんにおける抗がん剤は、主に悪性度の高い乳がんに適用される化学療法。具体的には、組織異型度や核異型度の高い乳がんやリンパ節に転移のある乳がん、ホルモン剤の効かない乳がんなどに適用されます。がん細胞が分裂する際の様々な段階に働きかけて死滅させるのがその役割です。

一体どのタイミングでこの抗がん剤は使用するのか、またその副作用とはどういったものなのでしょうか?

続きを読む