がん細胞があるかもしれない…という推定を確定的なものへ

存在診断を経て、次に行われるのが「がん細胞があるかもしれない」という推定を「本当にある」と認めるための確定診断。この時には存在診断で主に行われた画像診断などより精密な検査方法を用いることになります。この確定診断に関してはかなりの正確性が求められるものであり、受診するクリニックに関しても熟考することが求められます。

続きを読む