生活の質を維持・その人らしい療養生活の重要性

緩和ケアについて

患者さんは、再発・転移がわかった時やその治療中、薬の副作用や合併症などによる身体的苦痛だけではなく、様々な精神的苦痛を感じます。治療で仕事を休むことによる経済問題などの社会的な苦痛、病気の進行に伴う不安などの精神的な苦痛、死の恐怖や絶望から生まれる霊的な苦痛(スピリチュアルペイン)など、様々な苦痛が複雑に絡み合った「全人的苦痛(トータルペイン)」に襲われるのです。

心身の苦痛が増大すると、睡眠や食事も十分に取れなくなり、体力が低下して治療に影響することもあります。緩和ケアはこうした苦痛を軽減しQOLを維持するために非常に大事なものです。一体どういった流れでこの緩和ケアが進められるのか、紹介します。

続きを読む