肺がんの手術においては「根治手術」が標準的

縮小手術について

肺がんに対する標準的な根治手術は「肺葉切除以上の肺切除」とされており、特殊な場合(直径5mmの早期がんのような)を覗くと、肺がんのできている肺葉を全て取り去ることが基本となります。これは現在世界的に認知されている「ゴールドスタンダード」と考えてよいでしょう。

しかし、近年は「縮小切除」を見直そうという機運も強く、一部の施設ではすでに縮小切除を標準的な切除法として患者さんに勧めているところも。今回はそんな縮小切除についてご紹介していきます。

続きを読む