胃がんの発生原因とは…?

胃がん 原因

胃がんの発生原因については古くから研究が続けられていました。その中で現在WHO(世界保健機関)のIARC(国際がん研究機関)は胃がんの原因の80%はピロリ菌であり、非噴門部胃がんに限ると90%であるとの報告をしています。とはいえ、この結論に至るまでは長い紆余曲折があったのです。その研究の歴史についてご紹介していきましょう。

続きを読む