大腸がんを早期発見するために採用される種々の検査

大腸がんの検査にあたっては腹部触診や直腸指診などの検査が採用されます。画像検査だけでは盲点になりやすい肛門から直腸の下の部分の早期がんを発見を見つけることにも繋がるため、こういった検査は非常に重要となります。その他にも実際に採用されることの多い検査が幾つかあるため、それぞれチェックしていきましょう。

続きを読む