胃がんの手術後に待ち受ける後遺症

胃がんの後遺症

胃がんの手術後は基本的に何を食べても良いとされていますが、消化やキュ集などの働きが手術前に比べてかなり低下しています。そのため、一度に食べれる量を減らしたり、消化の良いものを少しずつ食べる必要があるなど、食生活が変化します。それに加えて。手術の後遺症として消化や吸収に関わる様々な症状が起こります。

胃のどの部分を切除したのか、あるいは全部を切除したのかなど、受けた手術の内容に現れてくる症状は異なります。たとえ後遺症があったとしても、その対処法を知っていればより快適あ暮らしができます。消化や吸収に関わる症状は、食事の量や回数、食べる早さなどに注意することで改善することができます。しっかりと胃がん手術にまつわる後遺症について学びましょう。

続きを読む